ハウスクリーニングの開業は誰でも簡単にできる

販売時点での実績を知る

レジスター

0

一般消費者向けに小売をしている場合には、常に変わる販売量と在庫を注力することが、経営上の重要なポイントになっています。この経営上のニーズに応えるために、posレジシステムを導入することが多くあり、このシステムによって販売状況を把握できるようになります。posはPoint of salesという英語の略語であり、その意味の通り販売時点ということを指し、これにより販売状況の把握が可能になるのです。posレジシステムを導入することにより、ある一定間隔での実績を纏めたり、閾値などの指標から、在庫の発注を促したりすることが可能です。また最近ではインターネット経由で接続されるようになっているので、複数店舗間での情報共有と集計が可能になっています。さらにposレジシステムは、タブレットなどの情報端末と連携させることで、普段は広告を表示させるということも可能になっています。実際にposレジシステムを導入する際に、一番考えないといけないのはコストですが、これには初期費用とランニングコストが含まれます。初期費用はシステムを設置するための、機器や設定費用が含まれており、ランニングコストは、その維持運用保守費用になります。特に保守費用の中には、ソフトウェアの更新権も含まれることがありますが、税制変更時の更新もこの中に含まれることがあり、必須の費用と考えると良いです。初期費用は最近ではかなり低くなり、10万円以下のケースも多いのですが、ランニング費用は色々ありますので、業者とよく打ち合わせをして決定すべきです。