内祝いとは?

内祝いという言葉を聞いたことがあると思いますが、入学や結婚、出産時に贈るお祝いのことです。普段はあまり意識しない内祝いなので、疑問に感じることが多いです。ここからは、内祝いのマナーについて解説していきます。

内祝いの意味や贈る時期について確認しよう

内祝い

本来の意味

内祝いは、文字通り身内のお祝いという意味で使われています。なので、自分の家族などにめでたいことがあると、それをおすそ分けするような意味で内祝いを送ります。よく勘違いされていますが、めでたい人に対して内祝いを贈るというのは少し意味合いが違います。くれぐれも間違わないようにしましょう。

レディ

変わってきてる意味

最近では、内祝いの意味合いが少し変わって捉えられるようになってきています。一般的に言われている内祝いは、周囲の方から頂いた後のお返しという意味で使われるようになっています。昔ながらの意味で内祝いを贈る場合は、分かっていない人を困惑させることがあるので、注意が必要です。

内祝い

結婚内祝いを贈る時期はいつ?

お祝いをい頂いてから、あまり時間が経たないうちに贈るのが内祝いのマナーになります。大体結婚祝いを貰ってから1カ月以内に内祝いをお返しするといいでしょう。万が一1カ月以上の時間が掛かってしまった場合は、一言遅れてしまって申し訳ないという気持ちを伝えるといいです。そうすることにより失礼さが無くなります。

内祝いの悩みポイント

内祝いで悩むことと言えば、何を贈るか考えることです。相手が喜びそうなものという大前提がありますが、人によりもらって嬉しいものは変わります。なので、なるべく万人に受けるようなものが望ましいです。内祝いの中でも人気なカタログギフトとそれ以外のものを比較します。

内祝いに贈るもの比較

カタログギフト

カタログギフトは、貰って嬉しいものということを叶えてくれる内祝いです。貰った人が欲しいものを選べるので、いらないものが届いたとガッカリされる心配がありません。ですが、選ぶ手間と発送を依頼する手間が掛かってしまうので、めんどくさがりの人には望まれないかもしれないです。

カタログギフト以外のもの

自分があげたいものを選んで贈ることができます。日用品や消耗品はどの家庭でも使うので、喜ばれることが多いです。ですが、内祝いに贈るものを選ぶ手間が掛かってしまいます。例えばタオルを贈ると決めても、タオルにはさまざまなタイプがあるので、そこからまた選ばないといけません。優柔不断の人は選ぶのに時間が掛かってしまうでしょう。

広告募集中